キャッシングの種類

キャッシングという言葉はよく聞く機会がありますが、どういったものであるのかということはご存知でしょうか。
キャッシングというのは、クレジットカード会社や消費者金融といった機関から、現金を借りることを指します。
銀行でお金を借りるのとは異なり、少額から借りることが可能となっており、その使い道を問われることもありません。
保証人や担保の必要が無く、気軽に利用することができるものもたくさんあります。
コンビニのATMや、無人のCDから借りることが可能なので、夜間などに急に現金が必要になったときにも非常に便利となっています。

そんなキャッシングですが、借入先によって種類が異なってきます。
では、どのような種類があるのでしょうか。
銀行系のカードローンキャッシングは、多くのキャッシングの中でも利息が低く、大口で借りることができるのが特徴となっています。
ただし、審査が厳しく審査に期間がかかることが多いので、今すぐに借り入れをしたいという方には不向きです。
大きな金額を借りたいという方にはおすすめのキャッシングです。

消費者金融系のキャッシングは、最も手軽に借りやすいキャッシングです。
少額から借りることができますが、利息は高めになっていることが多いです。
消費者金融というと、なんだか怖いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際はかなりクリーンになってきており、安心して利用できる会社もたくさんあります。
少額で、すぐにでも現金が必要だというときに便利です。

信販系のローンやキャッシングは、銀行と消費者金融の間のような位置づけにあります。
銀行に比べると審査は緩いですが、利息は高めになります。
どちらかというと、少額の借り入れより教育費などまとまった金額のキャッシングが主になります。
このように、キャッシングには色々な種類があるわけですが、キャッシングした現金は、実際にはどのようなことに使われているのでしょうか。
ここでは、キャッシングを利用する理由や、その利用目的はどんなものがあるのかということをご紹介しましょう。

Copyright © 2014 キャッシングを利用する理由は? All Rights Reserved.